- Norient - https://norient.com -

Lost in Translation – Toiret Status

Toiret Status [1] from Japan came to my attention a while ago thanks to his rough mixing of samples, drum-beats, fun effects and field recordings. For my new series «A Portrait Of – Experimenting with Interview Formats» I sent out an email with questions to him and received his answers in Japanese. Using Google Translator, I mixed this podcast with his voice, music and sounds.

Lost in Translation: A Portrait of Toiret Status
by Thomas Burkhalter

The E-Mail Interview
(Non Japanese speakers please use Google Translator)

[Thomas Burkhalter]: How do you produce your sounds and beats – how much is pre-sets, samples, FX, …?
[Toiret Status]: toiret statusではipadのGrageBandというアプリを使用して音やビートを作っています。私の曲を構成する音は主にサンプリングが多いです。ネット上に散らばる様々な音を採取し、加工して面白い音になるようにしています。また、iPhoneで録音した環境音を使用することもあります。最近は、サンプリングが多いですが、曲によってはプリセットの音を使用することもあります。私は2016年まで、友人たちと様々なバンド活動をやっていました。私はドラマーでした。LIGHTNING BOLTのようなベースとドラムの二人組のバンドをやったり。大所帯でノイズバンドをやったり、そしてThe Locustのような複雑なハードコアバンドもやったりしていました。そのため、リズムやビートは直観的にiPadの画面をドラムのように叩いて作ることが多いです。

[TB]: How do you edit the tracks? How much time you need for one track?
[TS]: 最終的な編集はAbletonのLIVEを使用します。そこで、色々なエフェクトを施していきます。面白くて奇妙な音が好きなので、色々なエフェクトの組み合わせを試しながら制作します。曲によって違いますが、制作には1週間ぐらい必要です。

[TB]: How should your music sound in the future?
[TS]: 奇妙だけどポップのように聴こえたら、僕は嬉しいですね。僕の音楽を聴いて、驚いてくれたり楽しんでくれる人がいることを望んでいます。

Toiret Status – self portrait

Toiret Status - «Omaru»

«There is something unimaginable happening here: blast-beats, toilet sounds, sonic manipulation, and a wild imagination for experimental beat. ◎omaru◎ is such a huge surprise to listen through even now because of how silly yet emotionally rewarding the progressions become on each track. I believe this to be one of the most entertaining and underlooked releases one will find, but I’m glad it’s hear for the world to eventually recognize~ Favorite track: #31 feat. DJWWWW.» Dave H. [3]